前へ
次へ

法律に絡む仕事につくには専門学校に行く事をお勧め

法律に絡む仕事をしたいと考えるのならまずは基本的に資格を取得しなければなりません。
法律で定め

more

法律関係の相談は専門家に依頼をする

弁護士という仕事に対して、普段の生活ではあまりかかわることがないと考えている方も多いかもしれませんが

more

連鎖販売取引で知っておくことが必要な法律とは

アメリカで1960年代に盛んに行われていたビジネスの1つが連鎖販売取引になります。
いわゆるネ

more

日本の裁判制度について簡単に知ろう

裁判には大きく分けて刑事裁判と民事裁判があり、それぞれ一審から三審まであります。
一審が地方裁判所の場合、二審は高等裁判所、三審は最高裁判所になります。
家庭裁判所から始まる場合には三審目は高等裁判所となります。
ただし、刑事裁判の場合は、三審目は最高裁判所となります。
なぜこのように三回まで裁判があるのでしょうか。
日本ばかりではなく海外でも行われている裁判制度です。
裁判の例えば判決に納得が出来ないという場合は、二審に控訴ができ、更に不服なら三審に上訴が出来る仕組みです。
冤罪であると無実を主張する場合や刑が予想より重い場合など上級裁判所に審理のやり直しを訴えることが出来ます。
刑事裁判では一旦確定してしまった判決については一事不再理という制度があり、再度の裁判が認められません。
このため、判決が確定した後に、その人が犯人であると分かっても罪に問えないという、矛盾を孕んでいます。
一時不再理は刑事裁判のみで民事裁判では適用がされません。

新工場を作るなら創美ファシリティーズへ

webやグラフィックなどの図案制作を依頼するなら株式会社ジマンニ

低価格で水素水発生器が手に入ります
1日当たり180円と低価格で水素水発生器がレンタル可能です。

Page Top