前へ
次へ

司法という組織や考え方というのは

司法というのは独立した権限を持ち、どうしても国というイメージを持ってしまうでしょう国からも割と独立している組織になります。
いわゆる三権分立というものであり、司法は国会に対して強い権限を持つとされています。
それは国会が法律を制定することができるからであり、その法律を使って司法は組織運営されていくからです。
所謂、裁判所のことなのですが、逆に裁判所、つまりは司法というのは違憲立法審査権というのがあり、作られている法律が憲法に自体に違反しているので、改めて作り直すようにということをいえるような権利を持っています。
違憲であるということが確定したとしてもすぐにどうこうされるわけではないこともありますのでそこは注意しておきましょう。
法を司るのが司法であるわけですが、それでもやはり政府と密着している部分が多くあり、多少は阿ったりした判断をすることも客観的に見て、 見て取れることがあったりするのが司法という組織といえるでしょう。

Page Top