前へ
次へ

健康食品に関する薬事法が厳しい理由

薬局などでは、健康食品がたくさん売られていますが基本的に健康食品は医薬品ではなく非医薬品と呼ばれるものになります。
健康食品を販売する場合には、薬事法の決まりに従わなければならず、厳しい制限の中で販売を行っていくことになります。
具体的に言えば、その健康食品の効果や効能を表示してはいけない、あるいは説明してはいけないといった決まりがあります。
これにより、例えば健康食品が糖尿病に効くといった表示をするのは薬事法違反になってしまいます。
また、病気に関する表示だけでなく単にダイエットに効果があるような表示をすることも禁じられています。
そのため、ダイエット食品を販売する場合でも、ダイエットに効果があることを説明することができません。
このように厳しい制限があるかと言えば、それは薬では無いからです。
薬を販売する場合には一定の資格を持った人しかできませんが、健康食品は素人でも販売することができるため制限が強くなるわけです。

Page Top