前へ
次へ

連鎖販売取引の制限が厳しい理由

世間には連鎖販売取引と呼ばれるものがありますが、法律によって制限されていることが多くなっています。
連鎖販売取引が制限されている理由の1つは、強引に人を勧誘してトラブルを起こすことが多かったからです。
連鎖販売取引の仕組みは、ダウンを獲得していき組織を大きくすることですが、ビジネスの素人がビジネスの素人を誘うことになりますので上手に誘うことができません。
その割には、セミナーなどでやる気を出すようなことを説明されますので、素人が本気になり強引な方法でビジネス誘うことが多かったわけです。
これにより、消費者センターに多くの相談が寄せられ、結果的に法律を改正せざるをえませんでした。
現在のところ、昔のような問題は生じていませんが業務停止処分になるような業者も少なくありません。
1人の人がクレームを出しただけでは業務停止処分になる事はありませんが、かなりの数のクレームがあった場合には業務停止処分になることも少なくありません。

Page Top